<< 重複 習性 >>

特攻

宮先輩とfelkelとで空の境界見てきた。
「やあ僕型月厨!」とか「奈須きのこ先生を冒涜する奴とは友達になれないわー」っていう人はここで引き返すといいよw
以下は映画を見に行った3人の独断と偏見です。
こういう意見もあるよってことで読み流して。
多少ネタバレあるかも。



優柔不断+方向音痴という萌えポイントをみんなで発揮して、なかなか夕食にありつけなかった。
そんなことは置いておいて、映画館に到着した。
着くまでに何度風俗店に誘われたか数え切れないw
新宿怖いね。

入場してまず思ったことは、コミケの型月列に並んでいる気分にさいなまれた、ということwww
次に目に飛びこんだのは映画の副題である、奈須クオリティのわけの分からない漢字。
多分あれは『ふじょう』って読むと思うんだ。
あ、パンフはもちろん買わなかったよw

内容は書かない。
書くのが面倒とかじゃなくて、どう表現したらいいかわからないのw
一行でまとめる、否、これで十分だ。
『宙に浮くことと飛ぶことの違いについての屁理屈』by奈須きのこ
この個人の哲学を誰かに聞いてほしかったがために、この映画があったのだろう。
全7部構成のせいか、時間軸がばらばらだったので内容把握は50%できたかどうか。
明らかにビジュアル表現を攻殻機動隊をイメージしているのだが、残念ながらあれじゃ無理だ。
同じようなことを意味不明な比喩や隠喩で何回もリピートされちゃたまらん。
でもシナリオのもって行き方、音楽、作画には満足できた。
だってufortableのスタッフが行ったのだから。
以上の点を踏まえて毎月見に行って、7部全部見切るよ!www

映画が終わってからは、劇場では大人しくしていた自分でした。
↑みたいなことをあそこで言っていたら、今頃この記事は更新できなかっただろうw
ちなみに、劇場終了後の拍手は起こらなかったw
e0015605_022296.jpg

劇中ネタに走ってみた。
なんでこんな高いネタをしたのかは謎w
深夜だったしな…
[PR]
by sacre-de-lumiere | 2007-12-12 23:02 | アニメ・ゲーム
<< 重複 習性 >>