<   2005年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

アミノ酸について

 最近巷で有名なアミノ酸は何なのかと考えたとこはあるだろうか?アミノ酸とは生物に不可欠なタンパク質のパーツになっているのだ。アミノ酸は炭素(C)、水素(H)、酸素(O)、窒素(N)で出来ている。身体を構成しているアミノ酸は20種類ある。その中でも必須アミノ酸は8種類。ロイシン、バリン、リシンなど。というか忘れた(笑)どれも清涼飲料水や、食品のパッケージで見たことがあると思う。見たことがあるとは言っても、ほとんど入っているのが現状。
アミノ酸飲料が売れているのは、肉などに含まれる脂肪分を摂らずアミノ酸を大量に摂取できるというのが、自分の考えである。本当はもっと深い意味があるとは思うが、曖昧なので控えておく。 
 アミノ酸は植物は自分で作るとこができるが、動物はそれが出来ない(なぜかは後々書こうと思う)。だから人間は食べる事が必須なのだ。そうしないと身体を作ることができなくなるし、恒常性(詳細は又今度)を保てなくなる。それほど重要な物質であり、切っても切れない存在である。 
 ちなみに野菜や果物にもアミノ酸は含まれているので、野菜主義の方も健康でいられるのである。

ちょっと専門用語が多かったか… そして間違っていたらごめんなさい(おい)
[PR]
by sacre-de-lumiere | 2005-06-30 23:10